チラ裏げーむ録

遊んだゲームを記録しておくチラシの裏っぽいブログです。攻略情報や裏技なんかは無いけれど、ネタバレはあるので注意

ジハード

今回はPC88のJehardです。

f:id:iza_namakura:20180320090202j:plain

体当たり戦闘のARPGなので『ハイドライド』っぽいゲームですね。

…しかし半キャラずらし等のテクニックなど無いので大味ですけど。(^^;

譲り受けたこのゲーム、幾度の読込エラー&ディスククリーニングを経てやっと機動したので、念願の初プレイと行きますよ!

f:id:iza_namakura:20180320090631j:plain

魔王に奪われた聖櫃を取り戻すのが最終目的なので、まずは4匹のしもべを順番に狩って行こうか。

しもべ達はそれぞれ対応する像を持っていないと倒せないらしいが、このジジイがクモの像を持ってるんじゃ~ん。

f:id:iza_namakura:20180320091223j:plain

最初のしもべ・巨大クモとのバトル!(体当たりするダケ)

しかし主人公がYシャツ・ジーパン・素手って…なんちゅう世界観だ。

f:id:iza_namakura:20180320091444j:plain

巨大クモを倒したことで剣が貰え、街へも行ける強さになりました。

ヒャッハー! 女だー! 今までジジイにしか会えなかったんだよう…。

f:id:iza_namakura:20180320092330j:plain

人を見た目で判断するな!…と言いたいところだけど、Yシャツ・ジーパンで抜き身の剣を持っているからねぇ。

やはり防御力と見た目のためにも鎧を取って来ないといけないみたいです。

f:id:iza_namakura:20180320092653j:plain

広~い地下迷路ですが大好きなマッピングをしているとレベルも上がりますなぁ。

ここの中ボス・ミノタウロスを倒して鎧をゲットだぜ!

f:id:iza_namakura:20180320093051j:plain

見た目で判断する人のところへ鎧を着て行ったら、ドラゴンのせいで娘がヘビにされちゃったと教えてくれた。

それじゃあ次はドラゴン退治のため像を取りに来たら、スライムがドラゴンの像を取り囲んでるねぇ。

f:id:iza_namakura:20180320093418j:plain

ドラゴンの所へ向かう途中で盾を発見!

拾ってスグの盾は回避力に期待できないので、街の鍛冶屋に戻ってからもう一度来るかな。

f:id:iza_namakura:20180320093745j:plain

第2のしもべ・ドラゴンはメスだったのか!

実は人質(竜質?)を取られ仕方なく魔王に従っていた母ドラゴンなのでした。

f:id:iza_namakura:20180320094422j:plain

ドラゴンを倒したので娘は元に戻り、なぜか持っていたメデューサの像を頂いた。

こうして並んでみると、3人パーティみたいじゃね?

f:id:iza_namakura:20180320094614j:plain

第3のしもべ・メデューサは3体が別々の部屋に居るので、訪問&デストロイ!

メデューサを倒したことで司祭の像が手に入った…、つまり最後のしもべは司祭?

f:id:iza_namakura:20180320094842j:plain

街にある怪しい教会に入れるようになり、中で超便利な回復アイテム貰ったー♥

しかしこのブログを書くため攻略サイトを見たら、序盤で教会に入ってこのアイテムを貰える裏技があった…私ももっと早くに欲しかったよぅ。(つд⊂)エーン

f:id:iza_namakura:20180320095135j:plain

変な色の司祭が悪魔に変化して、最後のしもべとの戦いだ!(体当たりするダケ)

こいつを倒すと魔王の声して、ラストダンジョンの入口が開く。

f:id:iza_namakura:20180320095531j:plain

ラストダンジョンは入ると出られない仕様で、魔王に会えたけれど倒せませんでした…。

セーブしたところからやり直し、ここまでレベル上げしたので再挑戦です。

f:id:iza_namakura:20180320095803j:plain

魔王との再戦、さすがにフリーザ様を上回る戦闘力になった主人公は回復無しで勝てたー!

ゲームスタート時の攻撃力は10でしたからね~、すっごいインフレですな。

f:id:iza_namakura:20180320100205j:plain

経験値が7桁もあるけれど、体当たり戦闘でスピーディだしセーブ&ロードで敵が復活するのでレベル上げも早いです。

…まぁ単純作業なのでこれがイヤな人も居るでしょうが、私は苦で無いタイプなので性に合ってましたね。

ゲームとしてのボリュームは少ないですが、その分お手軽に遊べる佳作ですね♪

 

レジェンドパソコンゲーム80年代記 語り継ぎたい不朽の名作80年代パソコンゲームの記憶 [ 佐々木潤 ]

価格:1,728円
(2018/6/21 11:14時点)
感想(0件)