チラ裏げーむ録

遊んだレトロゲームを記録しておくチラシの裏っぽいブログです。攻略情報や裏技なんかは無いけれど、ネタバレはあるので注意

夢幻戦士ヴァリスⅡ

今回はPC98のヴァリス2です。

f:id:iza_namakura:20180907210553g:plain

ビキニアーマー美少女戦士のアクションゲーム、シリーズ2作目です。

1作目は1面すらクリアできなかったのに、2作目はあっさりクリアしていたんですよね~。

アクション部分が改善された上に難易度が低くなっているので、ストレス無く遊べます。

先日1作目をようやくクリアしたので、久しぶりにコチラもプレイしましょ。

f:id:iza_namakura:20180907211422g:plain

1面はいきなりパジャマ姿で町に飛び出します。

今作はお着換えシステムなので、街中で拾ったセーラー服・ブレザーへと衣装チェンジしますよ。

f:id:iza_namakura:20180907211808g:plain

1面ボスはアンゲロ・ザルーガさん、攻撃方法がガチョーンとペッペッペッです。

面クリア毎に毎回ビジュアルシーンが入るんだけど、こいつスッゴイおしゃべり野郎です。

f:id:iza_namakura:20180907212247g:plain

ビジュアルシーンにて、いつものビキニアーマーに衣装チェンジ!

…んん!? 左の方はB地区が見えちゃってませんか!?

f:id:iza_namakura:20180907212421g:plain

2面ボス、初めて見た時は「スゲー、デケー」と興奮したのに…ほとんど背景だもんナァー。

怪物って言うよりも、『魂斗羅』シリーズに出るエイリアンっぽいですよね。

f:id:iza_namakura:20180907213456g:plain

2面後のビジュアルシーン、ロボっぽかったヴァリア様が随分と人間っぽくなりましたね。

しかし侍女の二人はやはりロボっぽいと言うか、マネキンっぽいと言うか…。

f:id:iza_namakura:20180907213828g:plain

3面ボスは前作ラスボス・ログレスの巨大な像、左右にスライドする姿はすごくシュールです。

ログレス像を倒すとログレスの元側近、ギョーム・ガイアスとの2戦目が始まります。

f:id:iza_namakura:20180907214344g:plain

強制スクロールな4面のボスは、敵の第3軍団指揮官ジョルダーノ・ハイゼンさん。

HPはMAXだし、当然のように第2形態もある…のに弱いんだよなぁ。

f:id:iza_namakura:20180907215257g:plain

5面の道中に落ちている、前作ライバル・麗子のビキニアーマー…つまり彼女は今ハダカでしょうか。(*´Д`)ハァハァ

コレは罠なのでお助けアイテムが無いと衣装チェンジできなくなるけれど、せっかくだから着せたくなるジャン☆

f:id:iza_namakura:20180907215908g:plain

5面ボス、皮かむりの先っちょからオタマジャクシを出しているみたいです。(〃▽〃)

エクスプローダーで攻撃すると早いで候。

f:id:iza_namakura:20180907220404g:plain

敵の親玉・残忍王メガスさん、ヴァリア様を人質に取って優子を脱がします。

いいぞもっとやr…、いやいや、なんてケシカランことを!!

f:id:iza_namakura:20180907220556g:plain

むふー、確実に前作より育ってますよね~。

ささ、次はスカートも脱げと命令するんですよ、メガス様っ!!

f:id:iza_namakura:20180907220740g:plain

絶体絶命のピンチに麗子登場、メガスの腕は切り落とすわ、優子を抱えて飛ぶわ、メガスを吹っ飛ばして黙らせるわ、優子を引っ叩くわ、大活躍です。

もう麗子一人でいいんじゃないかな。

f:id:iza_namakura:20180907221411g:plain

麗子の激励で立ち直った優子、最終面の6面はこのハイパースーツで挑みます。

再び強制スクロールの6面はほとんどシューティングゲームですよ~。

f:id:iza_namakura:20180907221630g:plain

2回の中ボス戦を経てラスボスはもちろんメガス、こちら第3形態となりま~す。

ポーズが似ているうえに同じ方向を見ているので、まるでメガスが優子のスタンドみたいに見えちゃう。

f:id:iza_namakura:20180907221859g:plain

前にクリアした時は前作をクリアしていなかったので中途半端な感じでしたが、今回は良く理解できました。

そして前作で苦労した分、今回のサクサクっぷりが有難いです。

やっぱりゲームにおいて操作性って大事ですね。

 

PC‐9801ゲームリバイバルコレクション (Kadokawa Game Collection)