チラ裏げーむ録

遊んだレトロゲームを記録しておくチラシの裏っぽいブログです。攻略情報や裏技なんかは無いけれど、ネタバレはあるので注意

SUPERヴァリス 赤き月の乙女

今回はスーファミのスーパーヴァリスです。

f:id:iza_namakura:20180909145007j:plain

PCエンジンCD-ROM²で発売された『ヴァリス』シリーズ4作目の移植作です。

メガドラに移植された3作目もバッサリカットでしたが、この4作目は更にバッサリ…かなり違うゲームになっております。(^^;

それにしてもビキニアーマーゲームの代名詞である『ヴァリス』の名が付いているのに、主人公がビキニアーマーじゃ無いとは…。

懐かしいCM「クリープを入れないコーヒーなんて…」以上に心に響きますよ、「ビキニアーマーの出ないヴァリスなんて…」は。

f:id:iza_namakura:20180909151149j:plain

前作までの主人公・優子は女神になっちゃったんだね~。

こりん星→地球→ヴァリスの女神とは、随分と数奇な運命ですなぁ。

f:id:iza_namakura:20180909151334j:plain

こっちが今作の主人公・レナ、その服を脱いでから胸当てを付けてビキニアーマーになっちゃえヨ!

しかしまぁ、主人公が変わったので、ナンバリングタイトルで無くても不満は無いね。

f:id:iza_namakura:20180909151612j:plain

さっそく1面ボス、DS-30改との対決だ!

この見た目は間違いなく死神、それじゃあ名前のDSって…デスってことかな?

f:id:iza_namakura:20180909151922j:plain

シリーズの代名詞、面クリア後のビジュアルシーンは1枚絵を表示するだけです。

PCエンジン版を見たことあるのですが、そちらのビジュアルシーンで出る多数の絵の中の1枚だけを使っていますね。

f:id:iza_namakura:20180909152239j:plain

2面ボスは魔幻3将軍の一人・ダルゲン将軍、虎に乗っているんじゃ無くて一体になっている!

虎から放たれる炎を見て、サガットタイガーショットを思い出しましたワ。

f:id:iza_namakura:20180909160357j:plain

3面ボスNORNILは女性像・ハーピー・マーメイドと変化します。

ハーピーとマーメイドは見事なおっぱいを見せてくれるので大好きです♥

f:id:iza_namakura:20180909161234j:plain

4面ヴァルハラではザコ敵も女性ばっかりで嬉しい~。

ブーメランを投げる女兵や、ハープを奏でる女性…倒しちゃうのが可愛そうです。

f:id:iza_namakura:20180909164514j:plain

4面後半は宮殿の中、ステンドグラスが綺麗です。

やはりザコ敵はワルキューレタイプや神官タイプと女性ばかりで良いですね~。

f:id:iza_namakura:20180909164928j:plain

4面ボスは魔幻3将軍の一人・メディアス将軍、この方も女性です。

つまり4面は男子禁制の女の園だったんですね、バンザーイ!!

f:id:iza_namakura:20180909165319j:plain

5面ボスはモビルアーマーみたいな緑のヤツじゃなくて、後ろの燃え盛るコア。

しかしディフェンスに定評のあるモビルアーマーもどきのせいで、なかなかダメージを与えられない~。

f:id:iza_namakura:20180909165759j:plain

6面ボスは魔幻3将軍の一人・ルザード将軍、腹芸が得意そうです。

ダルゲン将軍も腹に虎顔でも良かったんじゃ…あ、それだと「ダルタニアス」になっちゃうか。

f:id:iza_namakura:20180909170243j:plain

6面クリア後のビジュアルシーン、ついに敵の親玉・ガルギアです。

これまでのシリーズで敵の親玉はログレス・メガス・グラメスと最後はスだったのに、パターンを変えて来ましたね。

f:id:iza_namakura:20180909170501j:plain

7面ではボスラッシュとして魔幻3将軍と闘い、その後にもビジュアルシーンが入ります。

レナさん凛々しいんだけど、どうも男顔に見えるんですよね~。

f:id:iza_namakura:20180909171802j:plain

ラスボスのガルギアさんと最終決戦!

デカい斧を持ったスタイリッシュな姿は、毎回『ゴールデンアックスⅢ』のラスボスを思い出すんですよ。

f:id:iza_namakura:20180909205900j:plain

シリーズ初代を初クリアした嬉しさから、つい4作目まで続けてしまいました。

2作目以降はクリア経験があったのですが、コレなんかも久しぶりでした。

やっぱり色々と忘れていたので、新鮮な気持ちで楽しめました。

コレがあるから、なかなかゲームを手放せないんですよね~。