チラ裏げーむ録

遊んだレトロゲームを記録しておくチラシの裏っぽいブログです。攻略情報や裏技なんかは無いけれど、ネタバレはあるので注意

The Old Village Story

今回はPC98のオールドヴィレッジストーリーです。

f:id:iza_namakura:20181216134343g:plain

RPGの様にフィールドを移動するアドベンチャーゲームです。

いわゆる一般的なアドベンチャーゲームと違ってコマンドが無いので、話しかけるのも怪しい箇所を調べるのも自キャラを移動させます。

乱暴な言い方をすると、『イース』から戦闘を取っ払った感じ?

見た目も何か『イース』に似ているし…。(^^;

f:id:iza_namakura:20181216135524g:plain

村に住む親孝行な純朴青年のシオン君が主人公です。

王様からお城へ招待されることに…、果たして都会の色々な誘惑に耐えられるのでしょうか!?

f:id:iza_namakura:20181216135859g:plain

同じ村に住むヒロイン・リサリサは幼馴染です。

一緒に都会へ行きたいとか言っちゃう行動的な女の子ですね。

f:id:iza_namakura:20181216140328g:plain

王様からご褒美が貰えることになったけれど、前王様が行方不明になる事件が起きて捜索隊に志願することに。

それにしてもお妃様、16才になる子供がいるとは思えない美しさですな。

f:id:iza_namakura:20181216140621g:plain

前王様が居なくなった森を探索、結構な広さなのでマッピングしましたゾ。

伝説の木の下で、ヒッピー風のオッサンと愛の誓いを…。(ウソ

f:id:iza_namakura:20181216140844g:plain

森なのに中にはワイバーンみたいな形の沼もあった!

沼の中心に何かがある…さては「王女の愛」かっ!?(違う

f:id:iza_namakura:20181216141113g:plain

森なのに砂漠もあって、更に地下には巨大アリジゴクもいる!

アドベンチャーだからと油断していて、ここでゲームオーバーを喰らいました…。

f:id:iza_namakura:20181216141331g:plain

ついに前王様を発見したけれど、まさに今、怪物に食べられようとしている!!

RPGだと手に汗握るボス戦でしょうが、AVGなのでアッサリした戦闘描写が…。

f:id:iza_namakura:20181216141727g:plain

前王様を助け出し一件落着かと思ったら波乱の展開、リサリサの秘密も明かされて第一部完!

続けてリサリサが主人公となる第二部が始まります。

f:id:iza_namakura:20181216142000g:plain

シオンとリサリサが一緒に暮らすことになったのに、今度はシオンが行方不明となったのでリサリサが探しに行きます。

このダンジョンの見た目なんか、某ゲームにソックリじゃないですか。

f:id:iza_namakura:20181216142137g:plain

第一部では城・街・村・森を何度も行き来してフラグを立てて行ったけれど、第二部では行きっ放しです。

複雑そうに見えるけれど何度も歩かないし狭いので、マッピングは必要ありませんでした。

f:id:iza_namakura:20181216142447g:plain

シオンを捕らえた(?)悪い魔導士と対面。

でも人をヒツジに変えるとか、魔女から水晶を盗んで来いとか、小物臭さがプンプンしますな。

f:id:iza_namakura:20181216142855g:plain

魔導士がリサリサのネックレス(エイジャの赤石?)も要求、やっぱり小物臭い。

でもこの絵を見ていると、脱げと命令されてイヤイヤ脱ごうとしているみたいに見える。(〃▽〃)

f:id:iza_namakura:20181216143111g:plain

盗んだ魔女の水晶はニセモノでした~、シオンを捕らえているのも魔女でした~。

魔女の m9(^Д^) プギャーを見ているだけで、人差し指がつりそうで怖いです。

f:id:iza_namakura:20181216143715g:plain

ラスボスの魔女、でも初対面ではシオンが島流しにされて勝負になりません。

二人そろってここに戻り、シオンで決着を付けましょう。

f:id:iza_namakura:20181216144108g:plain

第一部は行ったり来たりでアドベンチャーゲームしてるぜって気分でしたが、第二部はジェットコースターに乗っているだけで勝手に話が進んだ感じです。

つーか、第二部は内容が薄い気がしました。

もう少し歯ごたえが欲しかったな~☆