チラ裏げーむ録

遊んだレトロゲームを記録しておくチラシの裏っぽいブログです。攻略情報や裏技なんかは無いけれど、ネタバレはあるので注意【更新日が5の倍数日になりました】

たこの海岸物語 PART3 迷宮編

今回はMSXのたこの海岸物語3です。

f:id:iza_namakura:20190723205249g:plain

文月のMSX投稿プログラム祭り最後は、アクションRPGです。

MSXの3部作ゲームで毎回ジャンルが違うって言うのは『魔城伝説』シリーズのオマージュでしょうか。

…って、前回も書いたな。(^^;

私は3部作の中でも今作が一番好きです。

1作目のシューティングや2作目のパズルと違って、ゲーム内でストーリーを展開できるからかな?

f:id:iza_namakura:20190723205836g:plain

迷宮はサイドビューで、ジャンプや泳ぎで移動します。

レベルの代わりはタイトル(称号)で、最初は「たこたろすけ」…『妖怪道中記』か?

f:id:iza_namakura:20190723210528g:plain

敵とエンカウントするとオーソドックスな戦闘画面に。

かにさんはPART1にも登場した由緒ある敵キャラですね。

f:id:iza_namakura:20190723210718g:plain

武器や防具、最初の一品はタダで貰えるゾ☆

迷宮内の施設にいるキャラは敵キャラとしても出ます、かめさんもPART1に続いて再登場ですな。

f:id:iza_namakura:20190723211102g:plain

迷宮内で捕まっているトビウオの子供を3匹助けたので、トビウオの母から羽を貰った!

これで連続ジャンプが可能になるので、飛びタコとして無限に上昇できるようになりました。

f:id:iza_namakura:20190723211422g:plain

飛べるようになったのでマップの隅々まで行ける♪

でも壁で仕切られている箇所には隠し通路を通るしか無いんだよね。

f:id:iza_namakura:20190723213447g:plain

この扉ばっかりの画面…、嗚呼~、迷宮感があって大変よろしゅうございます。

マッピングし辛いけれど、フリーハンドでぐりぐり書いております。

f:id:iza_namakura:20190723213658g:plain

扉があればついつい入っちゃうジャン?

そこでこの仕打ち…体力半減はキツイっす~~~!!

f:id:iza_namakura:20190723213815g:plain

正しい順番で仙人巡りをするとクリスタルを貰えます&ワープ。

もしこの仙人役の敵キャラがカメさんだったら、クリスタルで無くて4つの星印入りの珠を貰えそう。

f:id:iza_namakura:20190723214302g:plain

さっき貰ったクリスタルを赤い鍵と交換して貰った。

いくつか開かない扉があったので、どこか開くようになったかな。

f:id:iza_namakura:20190723214434g:plain

敵の種類が多くないぶん、序盤では1匹だった敵が増えます。

2匹バージョンや3匹バージョンの敵の名前が結構面白いですよ。

f:id:iza_namakura:20190723214653g:plain

鍵で開けた扉にラスボス・イカ大王がいたので戦ったら、あっさり勝っちゃった。

まぁ偽物ですね、そして再び宝石→鍵と交換→次の偽イカ大王と戦うの繰り返しです。

f:id:iza_namakura:20190723214920g:plain

ついに最終タイトル「勇者ダコ」の称号を貰いました!

称号をくれる教会の担当もエビなんだから、仙人役はやっぱりカメにして欲しかったなぁ~。

f:id:iza_namakura:20190723215145g:plain

ついに本物のラスボス・イカ大王が出ました!

さすがに偽物とはステータスが段違いですが、コッチのステータスも引けを取らない位に育ってますヨ。

f:id:iza_namakura:20190723215327g:plain

1作目から存在だけは知られていた彼女が、ついに登場です。

つーか彼女とだけ言われていたけれど、たここって名前がここで初めて明かされましたね。

f:id:iza_namakura:20190723215527g:plain

子供の頃にポチポチ打ち込んだプログラムが発掘されて、すごく懐かしい気分で遊べました。

他にもブログに載せたいゲームがいっぱいありますが、1ヵ月も続けたので一旦終了します。

また私のMSXプログラム熱が高まったら載せるかも知れません。

その時まで気長にお待ち下さいな。

 

よいMSX・悪いMSX〈87年度〉

よいMSX・悪いMSX〈87年度〉