チラ裏げーむ録

遊んだレトロゲームを記録しておくチラシの裏っぽいブログです。攻略情報や裏技なんかは無いけれど、ネタバレはあるので注意【更新日が5の倍数日になりました】

ファミコン

聖闘士星矢 黄金伝説 完結編

今回はファミコンの聖闘士星矢完結編です。 漫画・アニメが原作のアクションSLG第2弾です。 前作が中途半端な終わり方だったので、今作では完結編と銘打って聖域十二宮編だけを濃密にゲーム化です。 原作を知らないと解けない作りだけど、これはキャラゲ…

聖闘士星矢 黄金伝説

今回はファミコンの聖闘士星矢です。 漫画・アニメが原作のアクションSLGです。 …SLGって感じがあまりしないのですがパッケージに書いてあるし、パラメータの増減や戦闘時のコスモ割り振りがSLGっぽいと言えるのかな。 このゲームは子供の頃に友達…

里見八犬伝

今回はファミコンの里見八犬伝です。 江戸時代に生まれた小説が題材のRPGです。 格ゲーでお馴染みのSNKが出したドラクエっぽいRPG、気になって買ったは良いがなかなかヤル気になれずに放置していました。 しかし私もそろそろゲーム終活を考えるお年…

ディグダグⅡ

今回はファミコンのディグダグ2です。 穴掘りから島崩しへと進化したアクションゲームです。 これも有名ゲームなんで、今さら私があれこれ説明するまでも無いですよね。 シンプルながら妙に熱中してしまうゲーム、こ~ゆ~ので良いんだよねぇ。 それじゃあ…

CITY ADVENTURE タッチ MYSTERY OF TRIANGLE

今回はファミコンのタッチです。 有名漫画・アニメが原作のアクションアドベンチャーゲームです。 ストーリーは原作と関係が無く、ネタバレですが最後まで和也が死にません。 このゲームは子供の頃に友達の家で遊ばせて貰ったのですが、原作まるっきり無視の…

スパルタンX2

今回はファミコンのスパルタンX2です。 映画とは関係無くなったシリーズ2作目となるアクションゲームです。 まぁ1作目も映画から名前を借りる程度だったので、あまり気にしませんけどね。 麻薬シンジケートを追う捜査官となったトーマスが主人公なので、…

ダブルドラゴン3 ロゼッタトーン

今回はファミコンのダブルドラゴン3です。 名作ベルトスクロール3作目のアレンジ移植です。 こちらもアーケード版は未プレイ…と言うか田舎なウチの近所で稼働しているのを見たこと無かったナァ。 ちなみに3作目だけれど、時系列としては1作目と2作目の…

100万$キッド 幻の帝王編

今回はファミコンの100万ドルキッドです。 ギャンブル漫画が原作のアドベンチャーっぽいギャンブルゲームです。 今日5月5日は子供の日なので、キッドのゲームです。 しかし子供がギャンブルするってのは、倫理的にどうなのかなぁ~。 ちなみに週刊少年マガ…

もっともあぶない刑事

今回はファミコンのもっともあぶない刑事です。 TVドラマの劇場版を題材にしたアクションゲームです。 アクションゲームって何度も挑戦して地形や敵を覚えて自分なりのパターンを作って攻略して行きますよね。 でも私が現在トライしているゲームは難しくて…

水戸黄門

今回はファミコンの水戸黄門です。 有名な時代劇を題材にしたアクションアドベンチャーゲームです。今日は3月10日、3(み)10(と)の語呂合わせで選びました。このゲームの存在は知っていたのですが、あまり面白そうに思えずスルーしておりました。でも「ゲー…

カリーンの剣

今回はファミコンディスクシステムのカリーンの剣です。 パソコンで国産RPGを多数輩出した老舗メーカーによるアクションRPGです。 ディスクシステムなので普通のセーブはモチロンだけど、途中でクイックセーブが出来ることもウリの一つだったようです…

ホワイトライオン伝説 -ピラミッドの彼方に-

今回はファミコンのホワイトライオン伝説です。 日米合作の実写映画を元ネタにしたRPGです。 今年の干支は虎なので、それにちなんだゲームで思い出しました。 ちなみに、干支って毎年1月上旬&年賀状を書く12月下旬くらいしか意識しないですよね。 何は…

美味しんぼ

今回はファミコンの美味しんぼです。 料理を題材にした漫画・アニメが原作のコマンド選択式のアドベンチャーゲームです。前々から興味があったのですが、原作を薄っすらとしか知らないので手を出さずにおりました。おまけに未だ積みゲーが多いのに新しいゲー…

カイの冒険

今回はファミコンのカイの冒険です。 独特な浮遊感で難易度が高いアクションゲームです。 『ドルアーガの塔』の前日譚に当たるお話しで、シリーズ3作目ですがストーリー的には1作目になります。 コレが難しくてねぇ…、最初はスペシャルステージがほとんど…

落っことしパズル とんじゃん!?

今回はファミコンのとんじゃんです。 麻雀牌を使った可愛らしいパズルゲームです。 いえね、テレビを見ていて写った豚丼が美味しそうだったので食べたくなったんですよ。 そこで家族に「豚丼が食べたい~」と言ったのですが、自分では「豚丼」と言っているつ…

かんしゃく玉なげカン太郎の東海道五十三次

今回はファミコンの東海道五十三次です。 地理の勉強にもなる(?)難易度高めのアクションゲームです。 子供の頃は2・3面しか進めなかったですが、大人になってから無限増殖を覚えてやっとクリアした作品です。 しかしその無限増殖も手間がかかるし、そのポ…

マハラジャ

今回はファミコンのマハラジャです。 アドベンチャーゲームのシステムでプレイするRPGです。 数年前にこのゲームを遊ぼうとディスクシステムを漁ったのに見つけないので、「売っちゃったっけかな~?」と思っていたのです。 そうです、ディスクシステムに…

SUPER魂斗羅

今回はファミコンのスーパー魂斗羅です。 アーケードで人気のアクションゲームシリーズ2作目の移植版です。 このゲームを初めてゲーセンで見た時は、美しいグラフィックと迫力のあるサウンドに感動したモノです。 さすがにアーケードそのまんまとは言えない…

殺意の階層 ソフトハウス連続殺人事件

今回はファミコンの殺意の階層です。 回数制限のあるコマンド選択式アドベンチャーゲームです。 ちなみにタイトル画面のサブタイトルは「パワーソフト連続殺人事件」だけど、説明書には「ソフトハウス連続殺人事件」とある…ドッチやねん。 このゲームは友達…

霊幻道士

今回はファミコンの霊幻道士です。 有名映画を題材にした格闘ゲームです。 この映画シリーズは私が小学生の頃に流行ったのですが、私はハマらなかったなぁ~。 テレビで放映されたのを見た記憶はあるのですが、コメディとは言えホラー要素もあるのでビビリな…

時空の旅人

今回はファミコンの時空の旅人です。 小説・アニメ映画を題材にしたアドベンチャーゲームです。 小説・アニメ映画を題材に…と書いたけれど、かなり別物らしいです。 アドベンチャーゲームです…と書いたけれど、ハイ・イイエを選ぶだけなのでゲームブックに近…

アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃

今回はファミコンのアルゴスの戦士です。 アーケードの名作アクションゲームをアレンジしたアクションRPGです。 「はちゃめちゃ」なんて子供っぽいサブタイトルが付けられたけれど、ゲーム的に子供っぽい部分が無いのでサブタイだけが浮いている印象です…

星霊狩り

今回はファミコンの星霊狩りです。 オーソドックスなアドベンチャーゲーム…だと思うんですが。 説明書によると、「ノベルウェアAVGという新しいジャンルのアドベンチャーゲーム」らしいです。 その項目には「ダイナミックなアクションシーン」とも書いて…

バトルシティー

今回はファミコンのBATTLE CITYです。 アーケードゲーム『タンクバタリアン』をリメイクした、固定画面のシューティングゲームです。 ツイッターのフォロワーさんがMSXへ移植した作品が素晴らしく、市販品並みだったのに感激しましてね。 久しぶりにファミコ…

ブービーキッズ

今回はファミコンのブービーキッズです。 アーケードゲーム『キッドのホレホレ大作戦』の移植版です。 前回の『ブービーボーイズ』の元なので、順番としては逆になっちゃいましたね。 今回のブログを書くに当たって『キッドのホレホレ大作戦』のwikiを見てみ…

第2次スーパーロボット大戦

今回はファミコンの第2次スパロボです。 今も新作がリリースされるSRPGシリーズの2作目です。 初代ゲームボーイ版では居なかったパイロットが登場したけれど、まだ自由に乗り換えできないんですよね。 後のシリーズ経験者はちょっと違和感を覚えるとこ…

ドラえもん

今回はファミコンのドラえもんです。 ご存知国民的人気漫画を題材にしたアクション&シューティングゲームです。 前回のスパカセ版と同じく3面までしかないけれど、1面ごと内容の濃い別ジャンルのゲームになっているので遊びごたえ抜群です。 ただし子供に…

シャーロック・ホームズ 伯爵令嬢誘拐事件

今回はファミコンのシャーロック・ホームズです。 名探偵シャーロック・ホームズを題材にしたアクション・アドベンチャーゲームです。 え~、ホームズと名前が付いていたら、誰だって本格的なアドベンチャーゲームだと思うじゃないですか。 私だってそうです…

ミッキーマウス 不思議の国の大冒険

今回はファミコンのミッキーマウスです。 世界のスーパースターを題材にしたアクションゲームです。 サブタイトルで分かるでしょうが、ミッキーが「不思議の国のアリス」の世界に進出です。 …それにしてもタイトル画面のミッキーとミニー、売れない夫婦漫才…

シャドウゲイト

今回はファミコンのシャドウゲイトです。 独特なメッセージが一部の熱狂的なファンを生んだ、コマンド選択式アドベンチャーゲームです。 元は洋ゲーで、移植の際に翻訳スタッフが味のある文章にしてくれたのかな。 それにしても即死パターンが多い、多過ぎで…