チラ裏げーむ録

遊んだレトロゲームを記録しておくチラシの裏っぽいブログです。攻略情報や裏技なんかは無いけれど、ネタバレはあるので注意

所さんのまもるもせめるも

今回はファミコンの所さんです。

f:id:iza_namakura:20190106210823j:plain

タレント・所ジョージ監修のアクションゲーム、いわゆるタレントゲームですな。

しかし操作性や攻撃方法のせいで難易度が高く、攻略サイトを見ながらプレイしてやっとクリアできました。

ライフ制だけれど残機ナシ、コンティニューも3回までってトコロも難易度を高くしている要因でしょうか。

タレント本人はゆる~い感じなのに、ゲームはゆるく無いのですね。

f:id:iza_namakura:20190106212546j:plain

それでは千代田区からスタート、なぜかライフ満タンでは無い始まりなんですね。

水鉄砲も少し減っているし…こ~ゆ~トコロも地味に難易度を上げているんだよなぁ。

f:id:iza_namakura:20190106213800j:plain

千代田区のボス・ピント、…ってコトはカメラの怪人かな?

あ~、ソレなら水鉄砲攻撃は見事に弱点を突いている気がする!

f:id:iza_namakura:20190106214355j:plain

面クリしても自分の行きたい面へ進めるかは運次第なトコロも無駄に難易度を上げていますね。

今回は運が良かったのか、港区へ無事に進めました。

f:id:iza_namakura:20190106214549j:plain

木を伸ばして画面上の高速道路へ進むのは、『スーパーマリオ』でツタを伸ばして雲の上のボーナスステージへ行くパクリ?

まぁコッチは普通に敵も出るし少しアイテムがあるだけなので、全然ボーナスじゃあ無いネ。

f:id:iza_namakura:20190106215020j:plain

港区から品川区へ進み、またもや『スーパーマリオ』の地下ボーナスステージのパクリっぽい場所におります。

やっぱり敵が出るし一発死の穴もあるけれど、少しアイテムがおいしいので来た甲斐はあります。

f:id:iza_namakura:20190106215313j:plain

ワープを使えば確実に練馬区へ進めるので、品川区は絶対に狙い目なのです。

今回は運良く最短ルートで進んでいます。

f:id:iza_namakura:20190106215757j:plain

練馬区のボスはトドキタ、弱い上に直前に全回復アイテムが出るので楽だ~☆

敵キャラはほとんど所さんのスタッフらしいけど、こんな人がいたんだろ~な~と想像しやすいお顔ですね。

f:id:iza_namakura:20190106220345j:plain

東京23区を抜けると一気に田舎臭くなりました、保谷のボスはアカオニです。

今までボスは室内だったけれど、田舎では外がデフォですヨ。

f:id:iza_namakura:20190106220705j:plain

田無のボスはC長さん、コレってC調つまりハ長調から来たネーミングなのかな?

タレントの所さんは元々ミュージシャンだから、音楽的な用語は出るでしょうね。

f:id:iza_namakura:20190107182256j:plain

やって来ました所沢、所さんの家の門の前です。

それにしても塀が長い長い、大豪邸じゃないですか。

f:id:iza_namakura:20190107182528j:plain

最終面・所家の前に、これまでの道のり。

最短コースで進められたので運が良かったですが、ブログに載せるには全面制覇した画像の方が良かったかなぁ?

f:id:iza_namakura:20190107183107j:plain

所家の2階でソックリさん・もどきとご対面。

しかし攻撃して来るワケでも無く…何しに出て来たん?

f:id:iza_namakura:20190107183301j:plain

ラスボスは奥さんのドンマナ、もちろんマドンナのモジりですね。

ゲームでは敵ですが、現実では所さんの個人事務所の社長を務めています。

f:id:iza_namakura:20190107184105j:plain

ラスボスを撃破して、無事に娘・さやかと会えた。

現実でも長女の名前はさやかで、次女とはCMで父娘競演していましたね。

f:id:iza_namakura:20190107185912j:plain

バッドエンドっぽいエンディングだし、次回作を出しそうな終わり方ですが…出ていませんネ。

でもスーファミレベルでリメイクすれば大化けしそうな気がするんですよね~。

そんなゲームで遊んでみたいトコロです。

 

守るも攻めるも―ピンポイントソフト化論

守るも攻めるも―ピンポイントソフト化論